WEBLOG

ブログ

WEBLOG

ブログ

活版所

ジョバンニが学校の門を出るとき、同じ組の七、八人は家へ帰らずカムパネルラをまん中にして校庭こうていすみさくらの木のところにあつまっていました。それはこんやの星祭ほしまつりに青いあかりをこしらえて川へなが烏瓜からすうりりに行く相談そうだんらしかったのです。
けれどもジョバンニは手を大きくってどしどし学校のもんを出て来ました。すると町の家々ではこんやの銀河ぎんがまつりにいちいのたまをつるしたり、ひのきのえだにあかりをつけたり、いろいろしたくをしているのでした。
家へは帰らずジョバンニが町を三つがってある大きな活版所かっぱんじょにはいってくつをぬいで上がりますと、き当たりの大きなとびらをあけました。中にはまだひるなのに電燈でんとうがついて、たくさんの輪転機りんてんきがばたりばたりとまわり、きれで頭をしばったりラムプシェードをかけたりした人たちが、何か歌うように読んだり数えたりしながらたくさんはたらいておりました。
ジョバンニはすぐ入口から三番目の高い卓子テーブルにすわった人のところへ行っておじぎをしました。その人はしばらくたなをさがしてから、
「これだけひろって行けるかね」といながら、一枚の紙切れをわたしました。ジョバンニはその人の卓子テーブルの足もとから一つの小さなひらたいはこをとりだしてこうの電燈でんとうのたくさんついた、たてかけてあるかべすみところへしゃがみむと、小さなピンセットでまるで粟粒あわつぶぐらいの活字かつじつぎからつぎへとひろいはじめました。青いむねあてをした人がジョバンニのうしろを通りながら、
「よう、虫めがねくん、お早う」といますと、近くの四、五人の人たちが声もたてずこっちもかずにつめたくわらいました。
ジョバンニは何べんもをぬぐいながら活字かつじをだんだんひろいました。
六時がうってしばらくたったころ、ジョバンニはひろった活字かつじをいっぱいに入れたひらたいはこをもういちど手にもった紙きれと引き合わせてから、さっきの卓子テーブルの人へって来ました。その人はだまってそれをってかすかにうなずきました。
ジョバンニはおじぎをするととびらをあけて計算台のところに来ました。すると白服しろふくた人がやっぱりだまって小さな銀貨ぎんかを一つジョバンニにわたしました。ジョバンニはにわかに顔いろがよくなって威勢いせいよくおじぎをすると、台の下にいたかばんをもっておもてへびだしました。それから元気よく口笛くちぶえきながらパンってパンのかたまりを一つと角砂糖かくざとうを一ふくろ買いますといちもくさんに走りだしました。